スイッチ事業拡大へ日開タッチパネル販売に力

日本開閉器工業(大橋智成社長)は、スイッチ事業拡大へタッチパネルの拡販に注力している。

同社は、2007年1月から、タッチパネル・シートキーボードスイッチの一貫生産ラインをいわき工場(岩手県)に構築して取り組んでいるが、ユーザーの高品質、少ロット・多品種生産、カスタム化などの細やかなニーズに迅速に対応した体制が評価され、受注が増加している。

現在、抵抗膜式「FTシリーズ」として、アナログ5線式で10・4、12・1、15型が、同4線式で5・7~15型までと幅広いラインアップを誇るほか、デジタル式もある。また材質(4線式)、操作方式(指/ペン)なども各種選べる。

こうした特徴をセールポイントに、医療機器分野や直流給電化ニーズなどに対応した商品向けなどにも重点を置いて取り組んでいる。

また、カスタムニーズに気軽に対応するためにWebからも簡単に注文しやすい仕組みも構築している。

同社は、スイッチの重点製品として、タッチパネルスイッチ、多機能押しボタンスイッチIS、特注品の3つを重点営業品目に挙げて取り組んでいる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG