安全プログラムの標準化PLCopen技術仕様書Safety Software

2011年10月19日

1 序論 2006年、PLCopen第5技術委員会(安全)の委員は、安全仕様第1部(概念とファンクションブロック)をリリースしました。この第1部と対応する正誤表を用いれば、安全側面は、ソフトウェア開発ツールで統合しているアプリケーションツールに取り込むことができます。これは、開発者とユーザが開発サイクルの初めからシステムへの安全関連機能を統合するのを助けます。また、それは独立した安全関連組織から安全側面の総合的な理解、認証、および承認に貢献します。 この安全仕様の第1部は機能の実装者に焦点が当てられていますが、PLCopenは、OEMなどが安全機能を彼らの機械のアプリケーション・ソフトウェアに…