オータックスがグループミーティング幹部14人が参加

オータックス(横浜市港北区新羽町1215、〓045―543―5621、富田周敬社長)は、同社グループの幹部を集めた会議を5日開催した。

中国オータックス、オータックス精機(深〓)、香港オータックス、上海オータックス、それに、このほどグループ入りした中国でのねじ会社、易至電子配件(無錫)から合わせて14人が参加した。

富田社長が昨年10月に社長に就任してちょうど1年が経過したことから、4日から開催されたCEATEC展に合わせて開いたもの。

会議では、グループ各社の財務状況、売り上げ見通しなどが報告され、さらに今後投入を予定している新製品の販売計画なども話し合われた。

同社では今年4月から「PLAN115計画」をスタートさせ、今後5年間で売り上げ100億円と利益10億円をコンスタントに達成する取り組みを行っている。会議では、この計画達成に向けて、各拠点の特徴を生かした展開を図っていくことを確認した。

なお、今回マレーシアオータックスは資料のみでの参加となった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG