耐荷重1500キロと50%強化 中央電子軽量で堅牢なアルミフレームデータセンタ向けサーバーラック発売

中央電子(東京都八王子市元本郷町1―9―9、〓042―656―5811、戸田英城社長)は、データセンタ向けサーバーラック「DCMシリーズ」=写真=の販売を開始した。

新製品は、軽量ながら強度の高いアルミフレームにより、耐荷重1500キログラムと従来比50%強化し、業界トップクラスの頑丈な構造となっている。

しかも、開口率84%の高開口ドアとラック内の乱流を抑え冷却効率を向上させる独自のエアセパレーション構造となっており、サーバー機器の高密度実装にも対応できる。

さらに、クイックリリースヒンジやクイックリリースファスナーの採用で、工具なしでもドアの開閉作業や取り付け・取り外しなどが容易に行える。

また、各種ケーブルを通せるケーブル穴付きトップカバーやEIA規格に対応したユニットが確認できるU表示など、各所に同社の特徴である使い易い設計を行っている。

そのほか、工具なしで簡単に取り付けできるケーブルアクセサリーも豊富にそろっている。

ラックの素材は重量のあるスチールを採用したものが多いが、同社では軽量なアルミフレームを採用しながらも、耐荷重は強化して、使い易さと信頼性を向上させた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG