防爆関連機器―主要各社の重点製品 マコメ研究所本質安全防爆構造の2線式磁気近接スイッチ「SW―3950A」温度・ノイズに強いIP67適合

磁気近接スイッチ・磁気技術応用の総合専門メーカーであるマコメ研究所は、本質安全防爆構造の2線式磁気近接スイッチ「SW―3950A」を発売、磁気近接スイッチの用途を危険場所まで広げている。

磁気近接スイッチの本質安全構造タイプは少ない。攪拌機械の回転検出などに採用され、高い評価を得ている。

本質安全防爆構造(iaIICT6)の2線式磁気近接スイッチSW―3950Aは、水・粉塵・鉄粉などでの誤動作がなく、しかも保護構造IP67に適合しており悪環境下での使用が可能である。

コード長500メートルで防爆認定されており、離れた非危険場所にセフティバリアを設置することもできる。

検出距離は50ミリ以上が可能で、検出物体である磁石の磁力、形状によって検出距離を調整できるのも特徴である。

応答速度は1ミリ秒以下と高速である。耐振動、耐衝撃にも優れた性能を発揮する。

同社の磁気近接スイッチは、独自開発の「可飽和コイル」を用いて磁力を捉え出力する製品。

リードスイッチと比べ機械的寿命がなく高感度である。また、ホール素子タイプと比べても温度や耐ノイズ性に優れる。
(http://www.macome.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG