防爆関連機器―主要各社の重点製品 ピーアンドエフ「DARTフィールドバス」着火スパークを5~10μ秒で消滅

ピーアンドエフ(ドイツ、PEPPERL+FUCHS社)は、長年培ってきた本質安全防爆技術をもとに、FISCO、ハイパワー・トランク(HPTC)のコンセプトをさらに進化させて、次世代の本質安全防爆ともいえるDARTテクノロジーを発表した。

DARTとは、爆発の原因となるスパーク発生時の電気的挙動特性を検知し、その予兆となる初期状態において、5~10μ秒のごく僅かな時間に電気エネルギーを制限することで、着火に至る前にスパークを消滅させる。

DARTの導入により、HPTCの持つ供給電力、冗長化電源、物理層診断、FISCO/エンティティ仕様の機器等、すべての機能や性能が維持されたまま、トランク全長を本質安全防爆化して、活線作業も可能となる。DARTフィールドバスは、コントロールシステムの下に冗長化されたDARTパワーハブ、DARTセグメントプロテクタを用いて構築する。

DARTは最大ケーブル長1000メートル、セグメント辺りの機器総数24台を実現可能にしたことで、従来の本質安全防爆の電力供給制限を取り去り、飛躍的に進化させたテクノロジーである。
(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG