面白い技術拝見 信州大学磁性めっき線を用いた新技術センサー特性向上や変圧器効率化

2011年9月21日

銅線の外周を磁性体薄膜で覆った磁性めっき線を用いた新技術が信州大学工学部水野勉准教授により発明され、センサーや変圧器に効用のあることが明らかにされた。渦電流形変位センサー、磁気探傷センサーの特性向上と測定範囲の拡大に役立つほか、誘導加熱装置や高調波トランスなどの効率向上を可能にするという。渦電流形変位センサーで特許出願中。 磁性めっき線は(1)磁性体薄膜の磁気シールド効果によって銅線内に入り込む磁束を低減することで、渦電流損に依存する交流抵抗の増加を抑制する(2)インダクタンスを増加させる(3)磁束をより遠くまで作用させるなど、3つの効果がある。 交流抵抗は、銅線7・9Ωと比べ磁性めっき線は直…