OKIセミコンダクタ低電圧でも安定出力確保専用送信無線LSIサンプル出荷開始

ロームグループのOKIセミコンダクタ(東京都八王子市東浅川町550―1、〓042―663―1111、岡田憲明社長)は、セキュリティ機器市場向けに特定小電力の送信専用無線LSI「ML7386」を開発、8月から月産30万個体制で量産を開始した。サンプル価格450円。

ML7386は、小電力セキュリティシステムの標準規格「RCR
STD―30」、及び426MHz帯域の一部の特定小電力システムの標準規格「ARIB
STD―T67」に使用できる。

10mWの送信時の電流は25・8mA、さらにディープスリープモードに設定することで待機時には0・1uA(100nA)という業界最小クラスの超低消費電力を実現。

送信パワーアンプ用の専用レギュレータを搭載し電流と電圧の最適化を実現。低電圧でも安定した送信出力と、電池駆動によるシステムの長寿命化を実現した。

入力電圧依存を抑えた安定した送信電力特性で、2・0Vで8・5mW以上の送信出力を維持する。

国内は426MHz帯域で使用できる上、周波数設定範囲は315MHzから450MHzで、日本以外の広い周波数設定範囲で使用できる。

既存システムへの追従性として、周波数変位、データ極性を制御レジスタで可変に設定できるので、2値FSKのシステムであれば、受信装置の要求に適合した送信波形を設定し使用できる。

電池駆動は、レギュレータを搭載しているので単一電源で動作可能。動作電圧も1・8Vからと低く、8・5mW以上の出力を要求する場合でも、2・0Vから使用できる。

周波数は、315~450MHzまで設定が可能。変調方式は、FSK/MSKの2値。

変調速度は2400/4800/7200bps。送信出力10mW。制御インタフェースはSPI。応用分野は、小電力セキュリティ機器、産業用無線リモコンなど。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG