OKIセミコンダクタ低電圧でも安定出力確保専用送信無線LSIサンプル出荷開始

2011年9月21日

ロームグループのOKIセミコンダクタ(東京都八王子市東浅川町550―1、〓042―663―1111、岡田憲明社長)は、セキュリティ機器市場向けに特定小電力の送信専用無線LSI「ML7386」を開発、8月から月産30万個体制で量産を開始した。サンプル価格450円。 ML7386は、小電力セキュリティシステムの標準規格「RCR STD―30」、及び426MHz帯域の一部の特定小電力システムの標準規格「ARIB STD―T67」に使用できる。 10mWの送信時の電流は25・8mA、さらにディープスリープモードに設定することで待機時には0・1uA(100nA)という業界最小クラスの超低消費電力を実現。…