日立産機システムモーター全般を値上げ10月1日受注分から10%、

日立産機システムは、ギヤモーターを含むモーター全般を10月1日受注分から値上げする。値上げ幅は、汎用モーター、専用モーター、クレーンモーターが約10%、ギヤモーターが約5%。

同社では2006年と08年にモーター価格を改定しているが、その後も電磁鋼板・鋼材・鋳物関連の価格上昇が続いており、これに加え落ち着きを見せていた銅・アルミなども急激な上昇に転じている。

同社の調べでは、06年度を100とすると、11年度は電磁鋼板が168、鋼材が157、鋳物が136となっており、銅は92、アルミ69と100を切っているものの、10年度から比べると各16、3ポイント上昇している。同社では、製造コスト低減へ更なる合理化、VAの推進などで吸収する取り組みを行っているが、企業努力だけでは補えないとして価格改定に踏み切ったもの。

このような状況は他のモーターメーカーも同様なだけに、今後は日立に追随した価格改定が出てくるものと見られる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG