オムロン中国のリレーメーカー買収スマートメーター向けへ販売強化

オムロンはリレー事業をさらに強化するため、同社の中国の地域統括会社オムロン中国が、中国・上海の大手パワーラッチングリレーメーカー「上海貝斯特電器制造」(楊政董事長兼総経理、BST)を買収することになり、8日譲渡契約を締結した。

今後ニーズが拡大すると予想されるスマートグリッド市場において、スマートメーターは、送電網とビル・住宅を結ぶインターフェースとして中心的な存在となることから、BSTのパワーラッチングリレーを拡販し、2015年にパワーラッチングリレーの売上高50億円を目指す。

現在、中国はスマートメーターの導入期で、同メーター向けのパワーラッチングリレーについても大きな成長が見込まれており、15年度までに数量ベースでグローバル市場の約65%、150~200億円規模への拡大が期待されている。

BSTは、パワーラッチングリレーにおいて中国市場の約30%とトップシェアを誇っており、業界リーダーのポジションを有している。特に多品種少量生産と、パーツのモジュール化による生産性向上により、競争優位を確保している。

オムロンでは、リレー事業をさらに強化するため、パワーラッチングリレーの新規成長市場である中国へ早期に市場参入し、競争優位を構築するためBST買収に至った。

BSTは94年の設立以来、パワーラッチングリレーの開発・製造・販売を行っており、10年3月期時点で従業員は250人、資本金3263万人民元、売上高は7928万人民元。

なお、一般のリレーはコイルの通電により、接点がオン/オフするが、ラッチングリレーは、駆動電圧が断たれた後も反転への入力があるまでセット状態、またはリセット状態を保持する機能を持つ。特に、スマートメーターの供給電力を直接入り/切りする負荷開閉ユニット向けに、パワーラッチングリレーが使用されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG