パナソニックパナソニック電工を吸収合併来年1月から「まるごと事業」を強化

2011年9月14日

パナソニックは、100%出資の連結子会社であるパナソニック電工を、2012年1月1日付けで吸収合併する。 パナソニックが存続会社となり、パナソニック電工は解散する。同時に同日付けで、100%出資子会社の三洋電機の社債による資金調達・償還・管理業務を吸収分割し、パナソニックに承継一元化する。 パナソニック電工の吸収合併により、パナソニックグループの重点事業である「まるごと事業」のさらなる強化を図り、販売のプラットフォームをパナソニックに一本化して、販売基盤及び営業力の強化を目指す。 さらに、照明、電器、デバイス事業を統合することで一元的、効率的な経営管理を行い、グループのシナジー最大化を図る。な…