ボックス・ラック主要各社の重点製品 中央電子サーバーラック「DCMラック」アルミ製で耐荷重1500キログラムと50%強化

中央電子は、エレクトロニクス機器メーカーとしての高い技術力と豊富な実績を活かして、ネットワーク社会を支えるデータセンター向けサーバーラックや水冷ラックをはじめ、産業分野向けラック・ケース、医療用機器搭載カートなどをソリューションとして提供できる体制を整えている。

中でも新製品の「DCMラック」は、データセンター向けサーバーラックとして、軽量ながら強度の高いアルミフレームにより、耐荷重1500キログラムと従来比50%強化し、トップクラスの頑丈な構造となっている。

しかも開口率84%の高開口ドアと、ラック内の乱流を抑え冷却効率を向上させる独自のエアセパレータ構造で、サーバー機器の高密度実装にも対応できる。

さらに、クイックリリースヒンジやファスナーの採用で、ドアの開閉作業なども容易に行え、ツールレスで取り付けできるケーブルアクセサリーも豊富にそろっている。

一方、同じく新製品の遠隔制御機能付き電力分配器「PDUシリーズ」は、サーバーラックなどの各電源コンセントを監視・制御することで、電力分配だけでなく、温度、湿度、電流などの監視や、ネットワークを経由した電源のリモートオン・オフ制御ができる。しかも制御は1つのIPアドレスで行うことができ、効率的な管理につながる。
(http://www.cec.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG