チノー熱電対の比較校正試験温度範囲を拡大し開始

チノーは、熱電対や測温抵抗体の比較校正試験で温度範囲を低温側に拡大し、マイナス100℃から対応できるサービスを開始した。また、低温用小型校正装置「KT―H504」=写真=を発売したと同時発表した。

今までの接触式温度センサーの低温側校正温度は、窒素や酸素の沸点を利用した校正を除き、油温槽方式によるものはマイナス60℃であった。今回、低温用小型校正装置KT―H503(マイナス100℃~プラス50℃)を用い、下限温度を拡大したもの。

新型の校正装置は、小型スターリング方式冷凍機を用いての安定した均熱ドライブロック方式により測温抵抗体であれば、拡張不確かさ(K=2)0・1℃で校正可能である。

同社では、温度センサーの信頼性やトレーサビリティーが求められている医薬品・バイオメディカル・食品業界、低温測定が重視される冷凍機メーカー、半導体メーカーなどの校正要望に応えられる。

なお、新発売の低温用小型校正装置KT―H504は、均熱ブロック内で校正する構造を採用し、小型軽量で昇降温時間が短く、センサーの汚れも生じない。また、均熱ブロック構造の工夫により水平方向プラスマイナス0・01℃、垂直方向0・1℃とオイルバスに匹敵する温度分布を実現している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG