業界初のディレイオフ機能搭載 三菱電機エンジニアリングアナログ抵抗膜方式採用タッチパネルモニター発売

三菱電機エンジニアリング(東京都千代田区九段北1―13―5、TEL03―3288―1103、近藤誠社長)は、タッチパネルモニターの新製品として、タッチセンサにタッチする媒体を選ばないアナログ抵抗膜方式を採用し、さらにバックライトにLEDを搭載したことにより低消費電力の実現と高い信頼性を確保した、15型「TSD―AT1515―CN」=写真=を9月1日から発売する。価格はオープンで、年間1000台を販売予定。

新製品は、手袋をはめた指や硬い専用ペンなど、タッチする媒体を選ばずに使用できる「アナログ抵抗膜方式」を採用しており、オフィスや製造・検査装置など幅広い用途に対応できる。

また、液晶用バックライトにLEDを搭載したことで、寿命が従来比1万時間延長の約6万時間と長く、消費電力もアルミ電解コンデンサーに余裕を持たせた設計で、従来比20%減を実現した。さらに、映像信号入力は、アナログ入力(ミニD―Sub15ピン)とデジタル入力(DVI―D)の2系統を標準装備し、デジタル入力の場合は、信号劣化が極めて少なく画面の初期設定も不要。しかもホストとのタッチセンサーインタフェースとして、RS232CとUSBの2系統を標準装備しており、システム環境に合わせて自由に選択できる。

主な用途は、生産ライン管理システムの情報操作端末などのほか、金融・公共施設の受付情報端末など。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG