ケイテック台湾・KST社の日本総発売元にステンレススチールバンド扱い開始

ケイテック(大阪市淀川区東三国6―19―35、TEL06―6398―5711、仲村一實社長)は、9月から機械的強度や耐候性に優れるステンレススチールバンドのサンプル出荷を開始、来年から「KST」ブランドとして本格的な販売を開始する。

ステンレススチールバンドは、機械的強度や耐薬品性、耐熱性、紫外線など耐候性に優れる。

同社が従来から取り引きのあった圧着端子の世界的トップメーカー、台湾・K・S・TERMINALS社(健和興端子)の製品で、ケイテックがKST社の日本総発売元として販売を開始するもの。

現在、販売する製品の技術指導などの最終段階に入っており、製品のチェックが完了次第、カタログを製作しKSTブランドとして、サンプル出荷を含め販売を開始する。また、製品の各種性能試験の成績表も併せて用意している。

今後同社では、ステンレススチールバンドについて、リリースが可能で反復使用できる構造の製品を自社開発し、KSTブランドのオリジナルシリーズとして追加発売し、同ブランドの充実を図っていく。同社が取り扱うステンレススチールバンドは、材質にステンレス「SUS―304」を使用。SUS―304は、クロム、ニッケルなどを含有し、機械的強度のほか、耐熱性、紫外線などの耐候性、耐食性、溶接性に優れる。こうした優れた特徴から、従来のナイロン製バンドでは使用が難しかった屋外や地中、水中など過酷な環境でも使用でき、同社では産業用、工業用など幅広い分野に販売を行っていく方針である。

標準シリーズとして、長さ150~200ミリ、穴ありバンド、穴なしバンドのほか、ラッチタイプロック方式もラインアップする予定である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG