エーピーシ・ジャパンラック内の高温化を防止垂直排気ダクトを受注開始

エーピーシー・ジャパン(東京都港区芝公園2―4―1、TEL03―6402―2001、シリル・ブリッソン社長)は、データセンターや大規模サーバールーム内に利用されるネットワークスイッチに搭載するラック「NetShelter
SX」シリーズに取り付け・インストール可能な垂直排気ダクト「Vertical
Exhaust
Duct
for
NetShelter
SX」=写真=を、3日から受注開始した。

新ダクトは、ラック後部に取り付けることでエアーフローに煙突効果が生まれ、ラック内の暖気を天井裏へと排出して機器の高温化を防げる。

サイズは600ミリ幅と750ミリ幅の2種類あり、天井高にあわせてダクトの高さを設定可能なため、あらゆるデータセンターやサーバールーム、ラック等の用途に応じて取り付けから高さ調整がユーザー自身で容易に行うことができる。

さらに、別売りの「ケーブルエクステンション」を設置することで、ラック内のスペースを使用することなく、ラック上にケーブルを配線することができ、エアーフローを妨げないで、より効果的なケーブル及びエアマネジメントの高効率化を実現可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG