日本工作機械工業会「J-MTOF2010」12年11月1~6日東京ビッグサイトで開催

「JIMTOF2012(第26回日本国際工作機械見本市)」(主催=日本工作機械工業会、東京ビッグサイト)が、12年11月1日から6日までの6日間、東京ビッグサイト全館を使って開催されるが、このほど概要が発表になった。

同展は、隔年で開催されている世界3大工作機械の一つとして、国際的にも注目されている。

今回は日本工作機械工業会が発足50周年の節目を迎えることもあり、特別企画を予定している。

工作機械の市場がグローバル化し、中国など新興国のメーカーも実績を高めている。その中で、日本が誇る工作機械技術の伝統を世界に示す場としての位置づけを明確にして、同展の展示内容が「ワールドプレミア」「アジアプレミア」として先端・最新製品になるように取り組みを強める。

また、セミナーなども聴講者の関心を一段と誘うようなタイムリーな演題・内容を設定して、参加意識を高めてもらう。

そのほか、将来の有為な人材を業界に誘うための工作機械トップセミナー開催など就職支援企画の充実も図る。主催者では出展規模が前回の約813社4964小間(約4万5000平方メートル)を上回る可能性が高いと見ており、来場者も前回の約11万5000人を超える13万人を見込んでいる。

なお、出展申し込み受け付け開始は、主催者・協賛団体会員、海外工業会会員は今年10月1日~31日、海外・国内一般は11月1日~30日。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG