厚さ25ミリで配線が不要 IDECツイン接点で高接触信頼性実現スリムパワーリレー追加発売

IDECは、制御盤用リレーと機器内蔵用パワーリレーの両面を持つ、厚さ12・7ミリの小形・高容量スリムパワーリレー「RJシリーズ」に、ツイン接点タイプ108機種(プラグイン端子76機種、プリント基板用端子32機種)=写真=を追加発売した。標準価格480~1025円。年間販売目標は5万個。

制御盤・工作機械など、あらゆる用途に適したRJシリーズツイン接点タイプは、PCL入力など低レベル負荷開閉時に高い接触信頼性を実現する。同タイプがラインナップに追加されることで、同一形状で負荷レベルに応じた豊富な接点バリエーションが完備され、ニーズに応じた最適なリレー選択が可能になった。

ツイン接点の採用で高い接触信頼性を実現。最小適用負荷はDC1V・100μAで、低レベルの負荷の開閉に最適である。制御盤用リレー2極・ツイン接点タイプは、厚さ12・7ミリの最小幅クラスの小形サイズ。

双方向極性高輝度動作表示LEDを装備(プラグイン端子シンプル形/プリント基板用端子を除く)。リレーケースのトップ面が照光する独自のライトガイド構造で、視認性に優れ動作状況・点灯状態の確認が容易である。

プラグイン端子タイプは、順極性・逆極性のダイオード付きタイプ、及びCR回路付きタイプも完備。プリント基板タイプは2c接点、2a接点を完備。UL、CSA、VDE認証、CEマーク適用品。

主な用途は工作機械、ロボット、半導体製造設備、食品機械、梱包機械などの各種制御盤、そのほか低レベル負荷の開閉。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG