オムロンアジアの生産拠点拡大上海のリレー工場を移設

オムロンは、拡大するアジア市場に対応するため、2013年度までのグローブ・ステージ内に、中国・上海でのリレー工場の建て替えと、タイ・アユタヤの車載部品工場の敷地を拡大しそれぞれ増産を目指す。さらに、需要が高まっている省エネ・環境関連事業については、省エネソリューションやパワコンなどの創エネに注力し、今期売上高200億円を目指す。

同社は、2020年度を最終年度とする長期計画「VG2020」で、売上高1兆円以上、営業利益率15%以上を目指している。その中でIA事業ではオートメーション事業に注力し7000億円、新興国市場で4000億円、環境・健康・社会インフラ関連で1000億円の売り上げを目指している。

また、長期目標のもと今年度の重点施策として、大震災に対応するための供給責任の完遂、オートメーション事業を中心としたIA事業の強化、アジアを中心に新興国の積極的開拓、省エネ・創エネを中心に環境事業への注力、収益構造改革、人材のグローバル化加速と風土改革を掲げている。

こうした中、今年度に入ってからもFA関係の伸長と、中華圏を含む東南アジア市場での売り上げ拡大は続いており、第1四半期は、工場自動化用制御機器事業のIABが、売上高で前年同期比9・5%増、営業利益も13・2%増と大きく伸長している。また、地域別の売上高では、国内が大震災の影響で同2・7%減少したのに対し、中華圏は14・9%増、東南アジアは13・7%増となっている。

特に中華圏は、マクロ的に自動化のニーズが高まっており、IABを中心に全般的に好調である。機械設備も小さな機械から、大型の繊維機械など需要が右肩上がりとなっている。

こうした中華圏・東南アジアでの市場拡大に対応するため、同社では11年度から13年度までのグローブ・ステージ内で、リレーの生産の上海工場を別な場所に建て替える。車載部品ではタイ・アユタヤの工場の敷地を2倍から3倍に増やし、それぞれ増産を行う計画である。

省エネ・環境関連事業では、激増する節電ニーズに「電力の見える化」で貢献できる電力量モニタなど省エネソリューションのほか、創エネとして太陽光発電などのパワーコンディショナなどに注力し、前期の売上高130億円から、今期は200億円を目指す。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG