パナソニック電工「電源用パワーリレー」を発売

パナソニック電工は、スマートメーターなどエコ関連機器の電源用リレーに求められるラッチング機能、耐サージ電圧1万2000Vを実現した、パワーリレー「DWリレー」=写真=計12品番の国内販売を開始した。8月1日からは海外販売も開始する。オープン価格。2012年度販売目標600万個。

DWリレーは、パルス駆動(1巻線タイプ200mW)で接点をON状態にし、ラッチング機能によりON状態を維持する。リレーが連続ON状態時は、消費電力ゼロとなり省エネに貢献する。

接点―コイル間の耐サージ電圧1万2000Vを実現。同社従来品(DSパワーリレー)と比較し、2・4倍の耐サージ性能を発揮し、落雷から機器を保護する。耐サージ電圧は、落雷や誘導性負荷開閉時に発生する、瞬時的異常電圧に対する耐久性を示す限界値のことで、サージ波形はJEC―212―1981による1・2×50μsの標準衝撃電圧波形で表す。

さらに、スルーホール端子の電子部品をリフローにより基板実装するPin―in―Paste工法に対応。表面実装部品(SMD)のリフロー/オーブン後に、リード挿入を必要とするスルーホールリレー部品(THD)を、自動はんだか手はんだで別途実装していた工程を全てリフローで実装する。

自動はんだ、手はんだの工程を省略し、コストダウンとともに、作業の効率化が図れる。環境に配慮しRoHS対応済み。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG