Check !!

CC-Link協会パートナー企業が1500社突破アジア中心に2000社目指し活動

【名古屋】CC―Link協会は、CC―Link対応機器の供給やシステム構築を支援するパートナー企業がこのほど1500社を突破したと発表。今後は中国、韓国、インドなどアジア地域を中心に世界中でパートナー企業獲得に注力し、2013年には2000社まで増やす予定。

CC―Linkは、FAシステムにおける多様なユーザーニーズに応えるため、制御と情報のデータ処理を同時に高速で実現できるフィールドネットワークシステム。システムの普及を推進しているCLPAは昨年11月に設立10周年を迎え、10年以上にわたる活動により、パートナー企業1500社が達成できた。CC―Linkに接続できるセンサ、アクチュエータなどのデバイス機器も約1200種類に達している。

パートナー企業は、日本企業が約4割を占め、韓国、台湾の企業がそれぞれ200数十社、中国の企業が約170社参加している。特に今後、中国での伸びが見込まれるため「Gateway
to
China」をモットーに力を入れる。

9月には中国・上海市でCC―Link対応製品を展示するイベントを開催するほか、中国で購入できる対応製品約300種を掲載した中国語のカタログも制作した。FA関連機器をCC―Link対応にするための半導体チップや配線用ケーブルなどの開発キットも無償で提供している。

こうした施策により、中国でのパートナー企業を2年以内に500社まで増やす計画。その他、韓国、台湾でもパートナー企業の目標をそれぞれ500社に設定している。また、インドには現在、パートナー企業2社しかないが、今年度中にCLPAの支部を設置し、CC―Link普及活動を強化する。

「CC―Linkは、自動車、液晶関連など最先端産業の工場で導入が進んでいる。このアプリケーションの優位性を売りに、アジアなど海外へ向かって成長していく。世界中の“ものづくりの高度化"を支援していきたい」と中村直美事務局長は方針を語る。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG