「テクノフロンティア2011」主要書各社の出展製品 ベルト固定でキャリッジを移動精密位置決め直動装置「Ω機構ベルトサーボアクチュエータ」日本OLT

日本OLTの社名のOLTは、「ONE・LAST・TIME」(最後の一花)という意味で名付けられた。同社はモーション技術・製品のプロが年齢を超えて活躍しており、日米を結ぶモーション・エンジニアリング商社。2002年の創業以来、シリコンバレー近傍企業のモーション製品を日本市場に紹介し、日本のFA市場活性化に貢献しようと取り組んでいる。

テクノフロンティア展では、米国のコルモーゲン社のユニークなモーション製品と、ボールねじやリニアモータ直動装置に並ぶ自社開発の精密位置決め直動装置(Ω機構ベルトサーボアクチュエータ)を展示する。コルモーゲン社の製品では、MATLAB/Simulink、LabViewと共存できるZMPコントローラ&SynqNetモーションネットワーク、技術の先進的なコントーラ機能内蔵のサーボモータドライブ、トルクを特許技術で25%増加したステッピングモータなどを出展。

Ω機構ベルトサーボアクチュエータ(アキュベルト)は、ベルトを固定して、キャリッジを移動する逆発想の精密位置決め可能の直動装置。2・5メートルの自律動作する2キャリッジ搭載のデモ機は一見の価値がある。(http://www.olt.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG