Check !!

星和電機あらゆる道路条件に対応LEDトンネル照明器具発売

星和電機(増山晃章社長)は、LEDトンネル照明器具(基本照明用)「KWLEDシリーズ」=写真=を10月1日から発売する。オープン価格、今年度の販売目標は3億円。

KWLEDシリーズは、地方道から高規格道路まで、あらゆる道路条件に対応できる製品をラインナップした。

LED化を進めることで、省エネルギー化・低コストを達成し、最も有効なLCC(ライフサイクルコスト)を実現する。

LED寿命は、業界最高レベルの9万時間を実現。3種類の配光で、設計速度は時速40~80キロメートルまで幅広い道路条件に対応する。

特殊調光率の採用で、夜間の明るさを調節し省エネルギー化を実現するとともに、初期光束補正を標準搭載しており、初期の無駄な明るさをなくし、省エネルギー化を推進している。

成形器具は、ステンレス製プレス成形器具を採用。劣悪な環境下でも長寿命を実現する。ヒートシンクレスで汚れが溜まりにくく、放熱性能の低下を解消する。

配光タイプは、天井取り付け(CL)広スパンタイプ最大消費電力48W・72W、側壁取り付け(BL)広スパンタイプ同48W・78W、側壁取り付け(B)高効率タイプ同36W・72W。各タイプとも一般形、一般電池内蔵形、調光形、調光電池内蔵形の全24機種がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG