オプテックス・エフエー簡単操作タイプとリモートモニタオールインワン画像センサのリニューアル完了

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、簡単操作タイプの色面積画像センサ「CVSE1―Rシリーズ」=写真=(標準価格9万8000円)を6月下旬から発売する。さらに、CVS―Rシリーズの専用リモートモニタ「CVS―M1―R」(同4万円)は6月上旬に発売した。これにより、2010年から進めてきたオールインワン画像センサ「CVS―Rシリーズ」全機種のリニューアルが完了した。

CVSE1―Rシリーズは、05年に発売した簡単色面積画像センサ「CVSE1シリーズ」のリニューアル機で、モニタサイズを1・5インチから1・8インチに変更し、視認性を向上させた。さらに、3段階でティーチングが完了するスリー・ステップ・ティーチングなど、初心者でも迷わない操作性が特徴。

ラインナップは、標準タイプ、長距離タイプ、近距離広角タイプ、狭視界タイプ、超狭視界タイプの5タイプ。

CVS―M1―Rシリーズは、CVS―Rシリーズと同サイズのリモートコントロールユニットで、CVS―M1のリニューアル機。画像センサ本体の操作と同様の操作が離れた場所で可能となり、機械の奥に本体を取り付けた場合や、ラインの検出状況を離れた場所で確認したい場合に便利である。

モニタサイズを1・8インチに拡大したほか、CVS4―R接続時に設定値のバックアップと書き込みが可能となり、外部メモリとしての役割も果たす。

なお、CVS―M1―Rは、CVS1―R、CVS2―R、CVS3―R、CVS4―R専用。CVSE―M1―RはCVSE1―R専用。

両機種とも従来機と互換性を保ちつつ使いやすさを向上させた。また、標準価格は両機種とも従来機据置きとしている。国内の年間販売目標は両機種とも1000台。

主要販売先は、食品業界、医薬品業界、電子部品業界、自動車部品業界など。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG