Check !!

「フルフレームシャッタカメラ」発売竹中システム機器

各種工業用ビデオカメラ製造・販売の竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、TEL075―593―9300、瀬戸康雄社長)は、145万画素の31フレーム/秒、GigE
Vision対応のフルフレームシャッタカメラ「FC1650GE」を7月25日から発売する。標準価格35万8000円(レンズ別)。年間販売目標は500台。

新製品は、145万画素の高画質の白黒フルフレームシャッタカメラ。全画素を31フレーム/秒で読み出す。ビデオ出力は、LANの通信インフラであるギガビットイーサネット(Gigabit
Ethernet)規格に準拠した12/10/8bit(切替可)のデジタル映像信号を出力する。

また、新しい産業用カメラ伝送方式の統一規格であるGigE
Visionに対応している。GigE
Visionは、AIA(Automated
Imaging
Association)主導で開発された産業用カメラ伝送方式の統一規格。画像処理に最適な非圧縮データを最大1Gbpsで高速転送することができる。

2/3インチCCD撮像素子の採用で高感度。近赤外線領域の撮影にも適している。画像キャプチャーボードなしでPCへの画像取り込みが可能。オートアイリスレンズ駆動用の擬似映像信号出力を装備。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG