緊急時の長時間電力供給に最適 東亜無線電機バッチリーにリチウムポリマーを採用蓄電・移動電源装置2機種発売

東亜無線電機(大阪市浪速区日本橋5―11―7、TEL06―6644―0117、江見一男社長)は、緊急時の長時間電力供給や電力の抑制・削減に最適な、蓄電・移動電源装置「Ade
POWER
TPS(TPSD)シリーズ」2機種8タイプを本格発売。

TPS(TPSD)シリーズは、蓄電バッテリーに大容量で安全性に優位なリチウムポリマーバッテリーを採用。蓄電容量は1kwhから、10kwhまで豊富なバリエーションをそろえており、蓄電装置、無停電電源装置(UPS)、さらに移動電源装置の3通りの使用が可能である。

充電時間は、通常のリチウム系バッテリーの場合、5kwhで8時間から10時間かかり、TPS(TPSD)シリーズの場合、約5時間で満充電し非常に短時間で充電ができる。

使用時間はTPS―5000の場合、標準型デスクトップパソコン(液晶モニター付き)で70時間以上使用可能、省電力タイプの液晶テレビ(42型)で、24時間以上視聴が可能である。

残量表示機能により、バッテリー残量が容易に確認できる。また、夜間に充電、昼間に使用することで電力需要ピーク時の補助電源として活用できる。

バッテリーのセルはコカム社製だが、内蔵のBMS、充電器、インバータはすべて同社の提携開発会社との独占連携のもと、同社のオリジナル開発で、自社工場で製造を行っており、顧客の要望に沿ったカスタム製作も可能である。

TPSシリーズは充電器内蔵タイプで、蓄電装置・UPSとして機能。TPSDシリーズは充電器分離型で、蓄電装置・移動電源装置兼用タイプ。標準タイプのバッテリー容量は、両シリーズとも1・0kwh/3・4kwh/5・0kwh/10kwh(特注タイプ)の4タイプ。内蔵インバータは、1・0kwh/3・4kwhが1・5kwh、5・0kwh/10kwhが3・0kwh。重量は約50キログラムから100キログラム、サイズはTPSシリーズが495×470×700ミリ、TPSDシリーズが495×470×700ミリ。価格は標準タイプで100万円から600万円。

同社では、従来の新規事業開発部を5月からパワーテクノシステム事業部に改称し、超高輝度LED照明とともに、TPS(TPSD)シリーズの販売を本格化しており大手電機メーカーの研究所、情報通信サービス企業、旅行代理店など、24時間電力が必要なところに採用されている。

同社では今後、3kwh、5kwhなど高容量クラスをターゲットに拡販を図る方針である。また、大容量リチウムポリマーバッテリーや、リチウムバッテリー専用の高速充電器も販売しており、将来的には太陽電池やスマートグリッド関係も視野に入れ、事業の拡大を図る方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG