仏・シュナイダーエレクトリックアンリ・ラックマン監査役会会長が「旭日重光章」を受章日本・フランスの交流に寄与

仏・シュナイダーエレクトリック社の監査役会会長のアンリ・ラックマン氏が、日本・フランス両国間のビジネスの発展と交流に寄与した功績が認められて、日本政府から「旭日重光章」の勲章を受けることになり、24日皇居で叙勲式が行われた。

ラックマン氏は、アーサー・アンダーセン社長を経て、1996年シュナイダーエレクトリックの取締役に就任。99年から06年まで社長を務め、06年5月からは監査役会会長などを務めている。

同社は日本で、ビルディング、データセンター・ネットワーク、一般産業、エネルギー・インフラ市場などの幅広い事業を展開し、環境に配慮しながら、最も効率的なエネルギーマネージメントを実現するための製品・ソリューションを提供している。

62年に駐在事務所を開設以来、50年近くにわたって日本の様々な企業とのパートナーシップを図り、グループ会社や支社を設立している。

現在、IT機器の電源、冷却、管理を含む物理インフラソリューションを提供するエーピーシー・ジャパン、産業用タッチパネル(操作表示器)、制御機器の開発、製造、販売のデジタル、東芝とシュナイダーエレクトリックの合弁による産業用インバータの開発・設計・製造・試験の東芝シュネデールインバータ、富士電機とシュナイダーエレクトリックの合弁による受配電機器及び制御機器等の開発、製造、販売及びサービスを提供する富士電機機器制御の4つのグループ企業で約2700の人員を擁し、R&D、製造、マーケティング&セールスといった幅広い活動を展開している。

同社は世界中で事業を展開しているが、特に日本には優れた人材、パートナー企業、技術などがあり、10年度の全社売上高の24%を占めるアジア・パシフィック地域でも、戦略的拠点として大変重要なポジションとなっている。

今回の受章についてラックマン氏は「これまでずっと、日本とフランスの企業が強い協力関係を築けると信じてきた。それぞれの強みを活かし、相互に貴重な影響を与え合うことができる。両国は異なる企業文化を持つが、その違いを財産として今後さらに発展していけると確信している」と語っている。

同社は自らが提供するエネルギーマネージメントを通じて、消費電力30%削減を目指しており、戦略を強化するための重要な技術パートナーとして、今後も日本企業との協力関係を強化すると共に、日本への投資を続けていく方針。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG