三菱電機FA事業の海外拡販体制強化アジアに加え中東欧、南米市場へも足がかり

三菱電機は、FAシステム事業のグローバル推進体制を強化する。

中国・東アジアに加え、中東欧や南米など新興国市場への足場も築き、事業基盤を強化する。

同社のFAシステム事業の製品は、シーケンサやサーボモータ、インバータ、表示器、配電制御機器を始め、レーザー加工機、NC、ロボットなどがある。

日本の自動車やFPD(フラットパネルディスプレイ)などのユーザーを中心に海外への生産シフトを強めており、中国、台湾、韓国などのFA関連市場が大きく拡大している。同時に、これらの国のローカルユーザーも大きく成長している。

こうした市場の変化に対応し、同社では、「強い事業をグローバルでより強く」の方針で取り組んでおり、今年7月から中国・上海にFA・省エネシステムの開発・設計会社とベトナムに総合販売会社を設立し営業を始めた。さらに、来年12月からは中国・常熟でFA機器の製造・販売会社が営業を開始する。

インドではすでにバンガロールで昨年11月から総合販売会社が営業を始めており、現地の製造業や社会インフラ向けへの拡販に取り組んでいるなど、中国・アジア地区での取り組み体制を強化している。

新興国の中東欧やブラジルなどでも、現地に進出している日系企業を足がかりに営業を強めていく方針を固めている。

同社のFAシステム機器を含めた産業メカトロニクス事業の売り上げは2010年3月期で9270億円となっており、今期は9800億円を目指している。このうち約半分をFAシステム機器が占めている。

同社では、2015年度までに中国で5000億円(10年度比45%増)、インド750億円(同3倍)まで売り上げを伸ばし、海外売り上げ比率も40%(10年度34%)まで高める方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG