世界最大級のものづくり専門展 「日本ものづくりワールド2011」 最先端技術やバーチャルリアリティ製品を展示 最新鋭技術が一堂に集結4展台合わせ1700社が出展 「機械要素技術展(M-Tech)」機械要素・加工技術を効率的に導入・比較検討

「機械要素技術展(M―Tech)」は、製品の研究開発のための最適な機械要素・加工技術を効率的に導入・比較検討する場として多数のユーザー・専門家にとって欠かせない展示会。

同展の最大の特徴は、出展ブースに常駐する専門の技術者と来場者の間で、開発・設計・試作のための詳しい技術相談がその場で活発に行われることで、例年、同展をきっかけに様々な特注品が誕生しており、技術力のある企業と来場者との絶好のビジネスの場になっている。製品・技術ごとにスポットを当てた専門フェアを開催し、より専門性の高い導入・比較検討の場として注目を集めている。

同展には、加工技術/装置部品、FA/ロボット技術/駆動システム、工作機械/成形機/工具、OEM/アウトソーシング、バリ取り/洗浄技術、計測機器/試験機器/センサ、画像処理技術/電子技術、包装機械/包装資材/クリーン製品、ITソリューションなどの製品・技術が集結する。「より微細な加工技術を導入したい」「新製品開発における技術相談をしたい」といった医療機器メーカーの技術者にとっては、高品質・高精度な技術を持つ企業と直接商談ができる場として、必見の展示会と言える。

また、16の専門フェアが設置されるが、このうち新設されるのは、「企業・工場誘致フェア」で、企業・工場誘致をしたい国、地方自治体などが出展する。他には、機械部品、金型、工場設備などを洗浄するための各種洗浄機、洗浄剤、乾燥機、回収装置など、洗浄に関するあらゆる製品が一堂に集まる「洗浄フェア」、金属、樹脂などの大物、厚物、長尺加工技術の「大物・厚物加工フェア」、金属、樹脂などの微細、超精密加工技術の「微細・超精密加工フェア」、パーツフィーダー、部品供給機、部品検査機などが集まる「部品供給・検査フェア」、軸受、ベアリング、リニア装置、歯車、変減速機、ベルト、チェーンなどを集めた「モーション技術フェア」、ねじ、ナット、リベット、ボルト、ワッシャー、各種ファスナーなどを一堂に比較検討できる「ねじ・締結技術フェア」、各種ばね製品・ばね加工技術が集結する「ばねフェア」、エンプラやセラミック、金属・非鉄金属などの各種材料、樹脂・金属に関する様々な加工技術・製品が集結する「機械材料・加工技術フェア」、あらゆる試験機器及び計測機器、センサ・スイッチが出そろう「試験・計測機器/センサフェア」、バリ取り、エッジ仕上げに関するあらゆる技術・機器を一堂に集めた「バリ取り・表面仕上げフェア」、表面コーティング、めっき、熱処理をはじめとする表面処理・改質技術、製品が一堂に集結する「表面処理・改質フェア」、「油空圧機器フェア」「工具フェア」「モータフェア」「機構部品・関連製品フェア」などが設けられている。

専門セミナーでは、「バリ取り・表面仕上げフェア」が併催される。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG