Check !!

日東工業熱対策と高い保護構造サイネージ用箱を発売

【名古屋】日東工業は、熱対策と防塵・防水性能により、情報を表示するディスプレイを保護、店頭・交通機関など様々な場所で使用できる「屋外用デジタルサイネージキャビネットDSC46シリーズ」=写真=を発売した。

太陽光の輻射熱をカットし、ディスプレイ表面と内部の温度上昇を抑える遮熱フィルムを採用、コンプレッサー式クーラにより内部温度の上昇を抑制する。寒冷地用の低温・結露対策としては、200ワットの盤用ヒータ(オプション)を2個搭載することが可能。

ボディの水切り構造と防塵・防水パッキンにより、IP55の高い防塵・防水性能を実現。また、低騒音設計により、騒音値は50デシベル以下で、事務所レベルの静かさになっている。

正面扉は、コーナーがR形状の表面に飛び出しのないフラットなデザインを採用、外側からは開閉できない内ハンドル構造で「いたずら防止」につながる。

その他、(1)ゴム製キャップにより基台のコーナー部を保護する基台コーナーキャップ(2)強化ガラス採用のディスプレイ保護板(3)正面扉を45度、背面扉を95度に固定できるドアストッパーなどの特徴がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG