日東工業省スペース、低コスト実現各種「盤用パーツ」を発売

【名古屋】日東工業は、バリエーションの充実により、省スペース、低コストを実現する「盤用パーツ」の新製品として、バーホルダ・ラグ端子タイプ、保護板支持金具、階段型バーホルダなど=写真=を発売した。

ラグ端子シリーズは、60AF―400AFまでの充実した品ぞろえと各種オプションの使用で、多彩なレイアウトが可能。バーホルダ・ラグ端子タイプ「BP34―LT」は、主幹ブレーカ容量に合わせたラグ端子により、主幹バーの曲げ加工が不要で直接取り付けできる。

ジョイントバーユニットは、主幹ブレーカの受け端子台として省スペースで使用できる。一次送りユニットは、受け端子台に送りを設けたユニットとして使用可能。ワイドバーは、ブレーカと母線バー等の接続に使用するもので、ブレーカ端子ピッチの拡張が容易。

保護板支持金具「BP25―R」は、保護板やパネル、プレート類の取り付けに使用するもので、保護板のワンタッチ開閉が可能なロックタイプ、ねじのローレットタイプが選定できる。

個別寸法にも対応、タテ寸法85~229ミリの範囲内なら1ミリ単位で製作が可能で、製作日数は最短で実働10日間から。ローレット受け・ロック受け・蝶番タイプより選定が可能。

階段型バーホルダ「BP35―SD」は、電線配線が行いやすい階段型のバーホルダで、主幹リードバー、銅バーとの組み合わせで簡単に取り付けが行える。

階段型二次送りセット「BP43―SD」は、配・分電盤の二次送りに使用するもので、3段階段型構造のバーホルダにより出線作業が容易。従来の二次送りセットより端子ピッチが小さく、省スペースで取り付け可能。

二次分岐セット・Nタイプ「UN」は、ユニット構成により組立て効率が向上している。分岐取付台がセットになっており、機種選定が容易に行える。また、主幹に経済形ブレーカ、分岐に協約形(スリム)ブレーカを搭載することで(支持)高さがそろう。Nタイプ用の分岐リード板を選定することで、簡単に分岐が組み立て可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG