日本電気計測器工業会放射能測定のガイドライン策定原発事故の風評被害防止

日本電気計測器工業会(堀場厚会長)は、原子力発電所事故による風評被害を防ぐため、工業製品が放射能に汚染されているかどうかを確認するために必要な測定方法のガイドラインを策定した。

このガイドラインは、海外から日本製工業製品の放射能汚染を懸念する声が出ているのに対し、工業製品に放射能汚染の問題がないことをどのような放射線測定器で確認すれば良いのか等の同工業会への問い合わせに対応したもの。

放射能測定機器が不足していることもあり、同工業会では工業製品の放射能汚染について確認するための一次的な測定方法として、放射線測定器に求められる最低要求仕様と放射線測定方法及び汚染の有無の判断基準について定めた。

ガイドラインでは「放射線測定器に求められる最低要求仕様」として、(1)測定器の種類(2)検出の対象(3)検出の範囲(4)校正、また「放射線測定方法」や「汚染の有無の判断基準」などを示している。

この条件と環境仕様を満たす放射線測定器を使って測定し、測定値がバックグラウンド放射線の3倍を超えなければ、その工業製品については放射能汚染の問題はない(IAEA―TECDOC―1162に準拠)としている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG