明電舎シャープNECの3社小規模発電システムを調査

明電舎、シャープ、NECは経済産業省の2010年度「インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)」の委託先として採択され、島しょ国を対象とした小規模発電システムによるマイクログリッドの国際展開事業可能性調査を来年3月までインドネシアで行う。

マイクログリッドシステムは、太陽光発電と蓄電池及びマイクログリッド(分散電源)技術を活用し、ブロック拡張可能なシステムをパッケージ化して設置を容易化し、島しょ部におけるディーゼル発電機の稼働を抑え、化石燃料の節減と再生可能エネルギー活用を促進する。

明電舎は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の国内外における諸事業等で再生可能エネルギーやマイクログリッドシステムの豊富な実績に加え、国内向け移動電源車や海外向け移動式変電所の実績を多数有している。

今回の調査ではエネルギーマネジメントシステムとパッケージングの最適化検討のほか、幹事会社として調査全体のとりまとめを行う。

シャープは太陽光発電において、50年以上の開発と量産を積み重ね、累計4・3GWを超える太陽光発電システム設置実績によって培った高い信頼性と技術を有していることから、太陽光発電システムの最適化検討を行う。

NECは、大型ラミネートタイプのマンガン系リチウムイオン電池を初めて商品化した実績や、自動車用途で必要とされる高効率な充放電特性、安全性、長寿命を実現するリチウムイオン電池技術を有しており、リチウムイオン電池適用の最適化検討を行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG