2011電設工業展主要各社の出展製品 大崎電気工業電子式電力量計「コンパクトEM」豊富な定格と機能を内蔵

計測・制御及び情報通信に関する技術と製品・サービスの提供により、エネルギーの有効活用に貢献し、「計測・制御のOSAKI」としての歩みを進めている大崎電気工業は、電設工業展展示会テーマ「低炭素社会へ~電設技術とグリーン・イノベーション~」に向け、地球に優しく省エネ・CO2削減の推進に役立つ以下の製品を展示する。

(1)輸送トラックの低炭素化に貢献する「外部電源式アイドリングストップ給電システム」(2)各種定格と機能をラインアップした電子式電力量計「コンパクトEM」(3)豊富なインターフェースを有するデマンド・コントローラ「SM―15」(4)省エネ管理機能を強化した集中自動検針システム「OSCAMシリーズ」(5)時刻設定による制御と日の出・日の入り時間による制御が可能な「タイムスイッチ」(6)電気の見える化ツール「ワットチェッカー」及び「電力量計測制御システム」(7)電力と温湿度計測によりフロア単位で監視可能な「エネルギー使用量監視システム」。

このうち、コンパクトEMのA5CA―S31Rは、発信装置と変成器が付いており、低圧回路・高圧回路を問わず、すべてに対応できる。

また、従来計器との置き換えも可能で、IECレールの取り付けに対応している。
(http://www.osaki.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG