オータックスアレーシアでDIPの生産開始世界4拠点でマーケトイン推進

オータックス(横浜市港北区新羽町1215、TEL045―543―5621、富田周敬社長)は、6月からマレーシアでディップスイッチの生産を開始する。すでに試験生産を開始しており、将来は月産100万個の量産体制を確立する。

同社はディップスイッチのトップメーカーとして、中国工場を中心に、韓国、日本でも生産をしている。これにマレーシアを加えることで世界4拠点での生産体制となる。「メイド・イン・マーケットが狙い」(富田社長)であるが、生産の分散による危機管理への対応も考慮している。「中国工場は中核の工場であるが、人件費などの上昇もあり、中国プラス1のグローバルな見方を常にしておく必要がある」(同)としており、その先にはインドやバングラディシュなども視野に入れたワールドワイドな展開も計画している。

マレーシアは一時コネクタや端子台の生産を行っていたが、その後中国工場にすべて生産を移管し、現在まで販売拠点となっていた。一方、売り上げはスイッチ、コネクタ、センサ関連製品とアルミ加工が柱となっているが、「これらの技術を活かして手に持って歩けるもので、大量に使ってもらえる製品の開発を考えており、センサ技術や健康などもキーワードにしていく」(同)計画を立てている。

今年4月からの5カ年中期経営計画「PLAN115」を策定し、100億円の売り上げと10億円の利益がコンスタントに維持できる体制の確立を進めていく。10年3月期の連結売り上げは前期比39%増の83億円強と好調であったが、今期は「震災の影響で先が読めないことや、エコポイントの終了などの影響もあり、70億円と減収になる」(同)としている。

昨年10月に就任した富田社長は「株主、従業員、販売店の利益を増やすために、創業から36年間の技術を磨いて、価値ある企業にしていきたい」と今後の企業方向を語っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG