電力デマンド監視システムでコスト低減 データ蓄積で節電対策に活用

2011年4月27日

ここで収集したデータは、前日対比や前年対比なども必要に応じてわかりやすく表示・解析でき、蓄積データはCSV形式で出力できるため、Excelなどでデータを分析する事で電力消費の傾向をつかむ事ができ、節電対策を立てるための貴重な資料として、電力デマンドの「見える化」に活用できる。 こうしたデマンド監視システムは、基本機器で約20万円と低コストで構築でき、モニタリング用パソコンは既存のものを使用すれば、設置工事費用などを除けばパルス検出器を含めても約30万円でスタート可能となっている。 モジュール式I/Oシステムでは、導入後も増設や変更が簡単に行え、ブザー、温度センサ、などを追加したり、オリジナル画…