Check !!

最新製品・技術動向 処理の高速化と信頼性向上進展産業(FA)用コンピュータ

産業(FA)用コンピューターは、高温・多湿、油滴・水滴が飛び散るなどの過酷な使用環境下でも24時間連続稼働にも耐えられる製品を、長期間安定的に供給することが求められる。

製品の傾向は、小型・薄型・軽量化、処理スピードの高速化、メンテナンス性の良さなど、使いやすさと設置制約をなくすための開発が著しい。

CPUはPentium43GHzクラスを搭載した製品が主流であったが、最近では最先端のデュアルコアCPUや、メモリ2GBクラスのハイスペックな製品が求められている。インターフェイスについても増設コストを少しでも減らすために豊富なシリアルやUSB、拡張スロットを持つことが必要とされている。最近の主流としては、インテルのデュアルコアCPU
CoreTMDuo2GHzクラス、チップセットには945GME以降に対応した製品に焦点が当たっている。

また、Windowsだけではできないリアルタイム制御実現に向けて、制御部分はリアルタイムOS処理、これ以外はWindows
OS側で処理と1台のパソコン上実現する動きも強い。

熱対策や防塵では、熱分布を計算した基板や筐体設計で放熱効率を高める工夫がされ、ファンの吸排気バランスを確保することで塵埃の侵入を防止している。ファンレス化で、静音化と可動部品の削減を実現する傾向も強い。

さらにRAS機能も充実し、システムの動作診断、異常の早期検出・復旧支援を行い、万一の異常発生時にも、業務への支障を最小限に食い止めることができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG