本体重量を大幅に軽量化 ハノーバー・メッセ盛況裏に終了エネルギー問題で高い関心

2011年4月13日

世界最大の国際産業技術見本市「ハノーバー・メッセ2011」が、4~8日まで、独・ハノーバーで開催された。FAやPA関連機器をはじめ、エネルギー、モーションドライブ、表面処理など各分野の国際的な13の見本市が24の展示会場で行われ、世界60カ国からここ10年では最高の約6500社が出展、来場者数も09年を約10%上回る約23万人が来場した。今回は「Smart Efficiency」をテーマに掲げ、コスト効率、プロセス効率、資源効率などを追求した無駄のないエネルギーと資源の活用を提案した。 インダストリアルオートメーションでは、欧州を代表する産業機器の総合メーカーのシーメンス、シュナイダー、ABB…