LEMA事前にUPS停止を計画停電で注意呼びかけ

2011年4月13日

UPSのバッテリバックアップ機能は5~10分程度であるのが一般的で、長時間にわたる計画停電に対応する仕様になっていないことから、日本電機工業会(JEMA)は計画停電に対する汎用無停電電源装置(UPS)の取り扱いについて注意を呼びかけている。 【計画停電時の対応】 (1)停電前にUPSに接続されている負荷装置、各種機器を停止する。 (2)負荷装置、各種機器が完全に停止したことを確認のうえ、UPS本体を停止し、停電中にバッテリーが放電しないようにする。 (3)停電終了の後、UPSを起動し、UPSに接続されている負荷装置、各種機器を復帰させる。 【長時間停電の影響】 (1)計画停電前にUPS本体を停…