Check !!

星和電機IPX8相当の高い防水性能水中エリア専用のLED水中灯発売

星和電機(増山晃章社長)は、高い防水性能を誇る水中エリア専用のLED水中灯「LMLA1Wシリーズ」=写真=2機種を発売した。オープン価格。初年度販売目標は500台。

同社は昨年、欧州指令適合CEマーキングを取得した照明用LEDユニット「LMEBシリーズ」を発売、好評を得ている。

今回は、継続的に水没しても内部に浸水することがないという保護等級IPX8相当の高い防水性能を誇る水中専用の照明器具LMLA1Wシリーズを開発、発売した。

LEDを使用しており、連続点灯4万時間以上の長寿命を実現。

噴水やウォーターガーデン、プレジャーボート向けイルミネーション(水中)用途など、水中エリア専用LED照明器具として最適である。

特徴は、水深2メートル以内保護等級IPX8相当と高い信頼性を誇り、水中設置が可能である。

本体の透明樹脂カバーには、水族館の大型水槽に使用される材質と同強度の樹脂を使用。

点灯に必要な水中灯制御盤は、本体に頑丈なSUS(ステンレス鋼)を採用。制御盤1台につき、水中灯5灯まで接続が可能。

配光技術は、中心光度1000Cd以上、レンズ技術の応用により光をより遠くへ奇麗に飛ばす(ビーム角10度)ことができる。

灯具取り付けは4個所(4―Φ6・5)で、器具取り付け側に、本体の穴あけなどの大きな加工を必要としない。

発光色は、2800K暖色、5000K白色から選べる。

LED水中灯の外形寸法は、φ120ミリ×高さ45ミリ。本体ケーブル30メートル付き。水中灯制御盤の外形寸法は、H530×W505×D182ミリ、重量は約22キログラム。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG