絶縁階級など安全性強化 東洋技研5モデル即納体制も確立標準変圧器をシリーズ化し発売

東洋技研(岡谷市長地権現町4―8―7、TEL0266―27―2012、花岡孝社長)は、絶縁階級が機能アップした単相複巻セパレートタイプの標準変圧器「TRH―Sシリーズ(変圧比5モデル73品番)」を発売した。また、即納体制も整えた。

同社は端子台トップメーカーとして知られているが、変圧器でも高いシェアを持っている。

新発売の標準変圧器TRH―Sシリーズは、絶縁階級の機能アップ、トランス本体接地端子の標準装備、静電シールド標準装備など安全性を高めている。

このほかにも(1)堅牢な端子台構造により強度をアップ(2)端子間の側壁を高くし安全性を向上(3)振動にも外れないC型カバー付きを用意(4)端子台の材質は耐油、耐熱、耐薬品性に優れたPBT樹脂(UL94V―0)を採用(5)端子台の位置をコア中心部に寄せたことにより、ドライバーをまっすぐに立ててトランスを取り付けでき作業の効率が高まる(6)RoHS指令対応などの特徴を持っている。

容量は30VA~5KVAまで17種類をそろえている。

絶縁階級は30VA~2・5KVAがB種絶縁、3KVA~5KVAがF種絶縁である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG