絶縁階級など安全性強化 東洋技研5モデル即納体制も確立標準変圧器をシリーズ化し発売

東洋技研(岡谷市長地権現町4―8―7、TEL0266―27―2012、花岡孝社長)は、絶縁階級が機能アップした単相複巻セパレートタイプの標準変圧器「TRH―Sシリーズ(変圧比5モデル73品番)」を発売した。また、即納体制も整えた。

同社は端子台トップメーカーとして知られているが、変圧器でも高いシェアを持っている。

新発売の標準変圧器TRH―Sシリーズは、絶縁階級の機能アップ、トランス本体接地端子の標準装備、静電シールド標準装備など安全性を高めている。

このほかにも(1)堅牢な端子台構造により強度をアップ(2)端子間の側壁を高くし安全性を向上(3)振動にも外れないC型カバー付きを用意(4)端子台の材質は耐油、耐熱、耐薬品性に優れたPBT樹脂(UL94V―0)を採用(5)端子台の位置をコア中心部に寄せたことにより、ドライバーをまっすぐに立ててトランスを取り付けでき作業の効率が高まる(6)RoHS指令対応などの特徴を持っている。

容量は30VA~5KVAまで17種類をそろえている。

絶縁階級は30VA~2・5KVAがB種絶縁、3KVA~5KVAがF種絶縁である。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る