機械トータルの安全を提供するオムロン 論理演算機器:セーフティコントローラ

前述の安全機能を有する出力機器へ制御の指示を与えるのが、セーフティコントローラである。つまり、出力機器の安全機能だけでは、機械の安全を確保したことにならないため、このようなセーフティコントローラが必要になる。

機械の安全を確保するためには、機械の安全回路の異常時に機械の動力源を止めることや、異常があったまま再起動が掛からないようにする必要がある。異常のまま機械が動き、再起動が掛かってしまうと作業者が事故に遭う可能性が格段に高まるからだ。そのため、安全回路を実現するためにはセーフティコントローラが必要になる。セーフティコントローラは適切な安全回路を組むことで、異常時に機械の動力源停止や再起動が掛からないようにする設定ができる。

オムロンでは、柔軟なプログラム作成で安全回路を構築できるセーフティコントローラ形G9SPをそろえている。

現在、多品種の商品をできるだけ短時間で生産するには、段取り変更に合わせて柔軟にプログラミングできるセーフティコントローラが必要となっており、その要望に応えた商品である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG