Check !!

日東工業太陽光発電システム用の接続箱を発売

【名古屋】日東工業は、太陽光発電システム用接続箱として、開放電圧DC600V仕様の「PV―Hシリーズ」、コンパクトタイプの「PVC―Tシリーズ」=写真=を発売した。

「PV―Hシリーズ」は、業界最小サイズのDC600V仕様直流開閉器を搭載、入力側開閉器により入力回路ごとに通電中の開閉が可能。

保護板により安全性を高めており、内部温度上昇も考慮した安全設計になっている。防塵・防水性能はIP44で、ねじ式ダイオードにより信頼性が向上している。

施錠可能な防水平面ハンドルも採用。

屋外タイプ、ライトベージュの粉体塗装で、鉄製とステンレス製が用意される。入力回路は、4、8、12、16回路の4タイプがあり、標準価格は17万7000―55万1000円。

「PVC―Tシリーズ」は、住宅用・産業用に使用できるコンパクトタイプで、入力側開閉器により入力回路ごとに開閉が可能。配線用ノックアウトを背面と底面に配置している。開放電圧はDC450V。

防塵・防水性能はIP44で、キャビネット板の厚さは1・2ミリ。ドライバーで開閉可能な防水小型ハンドルを採用しており、背面にはキャビネット取り付け用の穴も備えている。屋外用、ライトベージュの粉体塗装で、入力回路は、3、4、6回路の3タイプがあり、標準価格は6万2000~8万8000円。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG