Check !!

国際電業安全防水型相次ぎ発売保護構造IPX8フットスイッチシリーズ強化

産業用フットスイッチのトップメーカー、国際電業(名古屋市昭和区円上町27―14、TEL052―871―6621、古川長武社長)は、保護構造最高クラスIPX8へグレードアップした完全防水型標準品を業界で初めて市場に投入し、フットスイッチのシェアアップを図る。防水タイプ全機種をIPX8への改良新型と、新規にアルミダイカスト製の小型機種を今月末に一斉発売する。さらに、樹脂製小型多連タイプを今年度上期中に発売し、完全防水型のラインアップを強化する。

産業用フットスイッチは近年、足だけでなく肘や膝で動作させるなど利用の仕方が多様になり、用途も広がりを見せている。用途によっては過酷な環境に耐え得る製品仕様が求められている。

そのため、同社は耐性を高めた粉塵・浸水のIP67をシリーズ化し標準品としてSFA、SFU―1Wなどを発売しているが、IPX8は特注品対応としてきた。

しかし、医療機器、洗車機、食品加工機械、船舶用機械、油圧機械、木工機械、散水機器、計測機器などの業界では完全防水のフットスイッチを標準装備する方向に進んでいる。

こうした市場動向に対し、同社ではいち早く、保護構造最高クラスIPX8の標準品を市場に投入する方針で臨み、全機種を水深1メートルで1時間耐え得るよう改善・改良したもの。

現行の防水タイプをIPX8へグレードアップした完全防水タイプ、新開発のアルミダイカスト製小型SFVA―1W、医療機向けSFAタイプの後継機種とする樹脂小型多連タイプを相次いで市場に投入し、完全防水タイプの市場を拡大する。

「完全防水タイプの標準品はまだ市場に出ていない。先陣の有利性を活かして販売し、フットスイッチのマーケットシェアを10ポイント増加させたい」(近藤拙朗取締役営業部長)という。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG