2011年わが社の経営戦略 施設園芸の自動化に注力

2011年1月5日

昨年は景気が立ち上がる中で、次期成長製品の開発、新会社設立など多忙であった。 昨年12月期決算は売り上げが25%増加の見通しである。タイマー、タイムスイッチの標準品が省エネの時流に乗り好調であった。また、タイムスイッチの輸出は中近東が伸び、中国向けも倍増し、輸出比率も30%に達した。農業関係の省力化機器は伸び悩んだが、今年に期待している。 2011年の景気は良くて微増である。浜松地区ではオートバイ、自動車などが円高で海外に生産を移している。そのため、設備投資は海外では増えるが国内は多くを望めない。制御機器業界も同様な状況で推移する。 こうした状況下で、当社は今年12月期の売り上げを20%増やす…