Check !!

2011年わが社の経営戦略 協業効果を実践に移す

当社は、昨年3月末に三菱電機が資本参加し、4月から新しいスタートを切った。三菱電機と当社は事業の考え方、方向性などのベクトルがピッタリと合い、相乗効果が鮮明に現れてきた。昨年は創業から10年目で「今年度を第2の創業」と位置づけてきたが、三菱との協業については各方面から高い評価を頂いており、非常に良い形で10年目を迎えている。

このような相乗効果と市場の回復で、今期は売上高も10億円を突破する見込みで、収益とも過去最高の成果を目指している。今後は、中長期的な事業構築の観点から、開発面での優秀な人材の確保と育成、さらに成長が見込める商材の育成などに努めていきたい。

ここ数年、営業面での人材育成を図ってきたので、開発面での優秀な人材によるものづくり技術との相乗効果で、成長が見込める商材の積極的な事業展開を行っていく。

三菱電機との協業では模索期間が終了し、今後は協業の効果を実践に移していく。三菱電機は「MELSEC」や「CC―Link」など上位ネットワーク技術に優れ、当社はセンサ、アクチュエータなどI/Oレベルに優れた技術を持っている。

これまで、三菱電機のトータルネットワーク技術に当社のセンサレベルネットワーク技術を組み合わせ、リードタイム縮小やダウンタイムの短縮、配線コストの低減などを図ってきた。今後は、CC―Linkと、当社のネットワークとの親和性をさらに向上させ、省エネや使いやすさなど、顧客に対しワンランク上のソリューションを提供していきたい。

もちろん、創業からのテーマであるベンチャー精神を活かし、中立的スタンスで三菱以外のメーカーとも協力関係を深化させていく。数年後に売上高30億円達成を目標に頑張っていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG