2011年わが社の経営戦略 良い製品を安く早く提供

リーマンショック後の世界同時不況で、当社も一昨年10月期は利益を確保したものの売り上げが31億円へ大幅に減少したが、昨年10月期では売り上げが40億円を超えることができた。

昨年10月期は、上半期が半導体関連、下半期は工作機械向けなどが回復し、30%を超える伸びを示した。工業用端子台、インターフェイス端子台、PCボード、ボックス、トランス、省配線システム全てが伸長した。

今年の景気見通しは、余り良くならないと思う。お客様でも業績に格差が出ており、制御機器業界も優勝劣敗が明確になろう。

今10月期は、売上高43億円を計画している。営業のエリア制による効果が出て来ようし、昨年後半の状況で推移すれば十分に達成できると思う。直接輸出も、比率を現在の2%から5%へと高める。3年後には売り上げを50億円台に戻したい。そのため、あらゆる面での見直しを図る。

当社は、社是に“研究と努力に生きる"を掲げ実行してきたが、今年はより徹底してモノ造りの原点に戻り多面的な角度から見直しを図る。

そして、端子台主体の配線接続機器メーカーとして今後10年、20年と生きていける会社にする。将来の市場を予測しながら“良いものを安く早く"提供することに全力で取り組み、品質では欧米に、価格では中国などに勝てるようにしていきたい。既存製品の材料から設計、製造、物流に至るまで徹底的に追求し、製品の改良、新製品開発につなげる。

新製品では、3・5ミリピッチのスプリング式コネクタ端子台PCXシリーズを昨年12月に発売した。省スペースで、さらに業界初のレールへのロック機構を備えており、期待している。

使い勝手の良い独自の製品を、今後も積極的に発売していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG