安全対策の高まりで需要拡大の防爆関連機器市場 食品・医薬品分野で需要拡大

2010年12月22日

防爆関連機器を必要とする危険個所は、石油製品生産工場、石油精製プラント、トンネル掘削工事現場、原油基地、LNG基地、塗装工場、火力発電所、石油・天然ガスなどの備蓄・貯蔵場所などがあり、防爆による安全対策の高まりから着実に市場が拡大している。加えて既存設備の老朽化に伴うリプレース需要や、半導体関連や食品・医薬品分野でも需要が伸長しており、市場規模は約50億円と推定される。 このほど政府が防爆機器に対して新しい指導・通達を出したことで、さらに新たな需要や市場が創出することを期待する声も強い。 市場のグローバル化で 国際防爆指針検定増加 その1つは、厚生労働省が防爆構造規格に関して、労働基準局長通達…