テスト設計CASEツール来春発表 日本イーベル

2010年12月8日

日本ノーベル(東京都北区王子2―30―2、TEL03―3927―8801、鈴木祥夫社長)は、上流工程から下流工程の実機テストまでシームレスに行えるテスト設計CASEツールを来春発表する。

テスト設計ツールはテスト仕様の管理をデータベースで行い、テスト仕様の作成・編集・削除をクライアントソフトウェアで実施できるため、複数人による並行設計が可能である。

また、Excelに似た画面で設計ができ、テスト設計者にとって使い易い。

手動テストのほか、ニッコム社バーチャルプロトタイピングツール「Maestro」と連携し上流工程の成果物からテスト仕様書やテストシナリオを自動生成でき、QualityCommanderのテストシナリオも効率よく作成可能である。組み込みソフトウェア自動化システムQualityCommanderは(1)ポップアップなど表示位置が変化する画面の画像比較が可能なSCSTL判定(2)クリック操作・ダブルクリック操作・なぞる動作の速度変更可能。