Check !!

小野測器 毎秒5メートルの最大検出速度 レーザ測長計システム発売

小野測器は、最大検出速度毎秒5メートル、分解能0・155ナノメートルの性能を持つレーザ測長計システム=写真=を1日から発売した。高速リニアステージの性能評価に最適である。本体販売価格は1chセット260万円、2chセット470万円。初年度100セットの販売を計画している。

リニアステージ装置は、インクジェットプリンタやスキャナーヘッドの移動機構、NC制御の機械加工装置、搬送装置、基板や半導体露光装置など幅広い分野で使用されている。近年は装置の位置決めの高精度、高速化が進んでおり、性能を計測するレーザ測長計もその対応が求められている。

新発売のレーザ測長計システムはLV―9002レーザ測長センサー、LV―0300Aレーザ測長計、LV―0120Aデジタル変位計ユニットで構成。He―Neレーザ光を使い最大5m/sの直線変位を1MHzでのサンプリングと0・155nm分解能で測定できる高精度・高速応答の非接触システム。

干渉計内蔵のシンプルな構造で、設置が簡単かつ短時間で可能である。オプションのLV―0930変位解析ソフトにより、USB出力から計測データを読み込める。移動軌跡や停止時に発生するオーバーシュートなどの動特性解析、変位に重畳した成文のFFT解析、デジタルフィルター処理、輸出時に必要なISO230―2に準拠した位置決め精度が可能である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG